スノーピーク ウイングポールブラック 240cm TP-002BK 3年保証 キャンプ 格安SALEスタート アクセサリー 設営用品 タープ部品

スノーピーク ウイングポールブラック 240cm (TP-002BK) / キャンプ タープ部品 アクセサリー 設営用品

アウトドア、釣り、旅行用品 , アウトドア、キャンプ、登山 , タープ,/,アクセサリー,240cm,(TP-002BK),2805円,タープ部品,設営用品,nadesne.kiev.ua,/cisleithan607049.html,キャンプ,ウイングポールブラック,スノーピーク スノーピーク ウイングポールブラック 240cm TP-002BK 『3年保証』 キャンプ アクセサリー 設営用品 タープ部品 スノーピーク ウイングポールブラック 240cm TP-002BK 『3年保証』 キャンプ アクセサリー 設営用品 タープ部品 2805円 スノーピーク ウイングポールブラック 240cm (TP-002BK) / キャンプ タープ部品 アクセサリー 設営用品 アウトドア、釣り、旅行用品 アウトドア、キャンプ、登山 タープ 2805円 スノーピーク ウイングポールブラック 240cm (TP-002BK) / キャンプ タープ部品 アクセサリー 設営用品 アウトドア、釣り、旅行用品 アウトドア、キャンプ、登山 タープ アウトドア、釣り、旅行用品 , アウトドア、キャンプ、登山 , タープ,/,アクセサリー,240cm,(TP-002BK),2805円,タープ部品,設営用品,nadesne.kiev.ua,/cisleithan607049.html,キャンプ,ウイングポールブラック,スノーピーク

2805円

スノーピーク ウイングポールブラック 240cm (TP-002BK) / キャンプ タープ部品 アクセサリー 設営用品

≪snowpeak≫

ブラックカラーのウイングポールです。

頑強な大型タープを支えるタフネスと軽さを両立。
大型タープを支える、軽量で耐久性を備えるタフなスペックのアルミ製ポール。
親指で押してワンタッチで、簡単に連結・取り外しが可能です。

素材は軽量かつ大型タープを支える耐久性を備えるアルニウム合金。
ワンタッチ連結で12通りの長さにアレンジできるウイングポール。


スノーピーク ウイングポールブラック 240cm (TP-002BK) / キャンプ タープ部品 アクセサリー 設営用品

なんだかんだと、色々なメーカの色々なポールを購入してきましたが、やはりというかこれが王道、一番でした。黒色の表面処理はマットで、テント(テクニカルコットン、サンドカラーと黒のツートンカラー)とマッチして、サイトの統一感がでました。光沢仕上げの他製品よりも高級感を醸します。連結部のガタツキの少なさも他製品とくらべても群を抜いて良いです。合計4本購入していますが、どれもガタツキはほとんど無いといってもよいです。設置する前に連結部がガタガタするのは残念な気持ちになります。石突きが少し大きめで、底面が緩やかに湾曲しているので、やや斜めに立ててもしっかり地面をかむので安心です。最初の一本を考えている方には、これをお勧めします。
直ぐに発送頂きましたので週末のキャンプに間に合いました! 梱包も丁寧でした。また購入する際にはお世話になります!
仕様変更のためにブラックポールを購入しました。 同時購入した同商品と比べても色のムラがあります。 有名メーカーで高価格なので塗装面を統一して欲しい物です。
径が太い割に軽く満足です。 長さ(高さ)については280cmか240cmと迷いましたが、240cmでも十分でした。

Latest News新着情報

    お知らせ

    高度通信・放送研究開発委託研究に係る令和3年度新規委託研究の公募の結果

    2021年12月13日

    国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT、理事長: 徳田 英幸)は、高度通信・放送研究開発委託研究における令和3年度から新たに研究開発を開始する1課題について、学識経験者で構成される評価委員会での評価等を踏まえ、採択しました。

    続きを読む
    お知らせ

    宇宙の電磁波が地上に伝わる“通り道”を可視化することに成功!

    2021年12月8日

    金沢大学、名古屋大学、コロラド大学、ミネソタ大学、JAXA宇宙科学研究所、東北大学、京都大学、九州工業大学、ロスアラモス国立研究所、ニューハンプシャー大学、情報通信研究機構、国立極地研究所、アルバータ大学などの国際共同研究グループは、複数の科学衛星で同時計測された電磁波とプラズマ粒子データなどを用いて、宇宙の電磁波が発生する領域を明らかにしたとともに、目には見えない“電磁波の通り道”の存在を世界で初めて突き止め、電磁波が地上へと伝わる仕組みを解明しました。

    続きを読む
    イベント

    高信頼・高可塑Beyond 5G/IoTテストベッドシンポジウム

    2021年12月8日
    ~Beyond 5G研究開発・実証の促進に向けたキックオフ~

    Beyond 5Gの実現に向け、高い信頼性と可塑性を確保するテストベッドの構築及び本テストベッドを活用した産学官の連携によるBeyond 5Gに関する研究開発・実証の促進を目的にシンポジウムを開催します。

    続きを読む
    イベント

    NICTが協力する「次世代安心・安全ICTフォーラム 通信技術部会講演会」がオンライン開催されます(NICT研究者が講演予定)

    2021年12月8日
    移動通信における地上系セルラシステムと衛星・HAPS等の非地上系システムの連携の動向

    「衛星やHAPSを地上系のセルラ移動通信システムに組込む研究開発」は、情報通信研究機構を始め移動通信事業者や衛星通信事業者を含めて、国際的にも研究開発・標準化が盛り上りを見せています。
    次世代安心・安全ICTフォーラムでは、通信技術部会の講演会として最新の研究成果をご紹介します。

    続きを読む
    お知らせ

    おおたかどや山標準電波送信所の航空障害灯更新に伴う停波のお知らせ[予定日時の変更]

    2021年12月8日

    おおたかどや山標準電波送信所の航空障害灯更新に伴う停波の予定日時について、強風など悪天候のため更新作業が遅延しており、本年11月4日のお知らせで送信の予定としました2021年12月11日(土)、18日(土)、23日(木) 9:00~17:00の日時について、停波の予定に変更致します。ご理解のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

    続きを読む
    プレスリリース

    生活環境における携帯電話基地局等の電波強度を明らかに

    2021年12月7日
    〜我が国で初めて電波ばく露レベルの大規模・長期測定を実施〜

    国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT、理事長: 徳田 英幸)は、市街地、郊外及び地下街の携帯電話基地局等からの電波強度の変動傾向を調査しました。これまでに、携帯電話基地局等からの電波ばく露レベル変動を市街地・郊外・地下街における500地点以上で調査し、同一地域における過去(約10年前)の測定結果と比較したところ、電波ばく露レベルが上昇傾向にあるものの電波防護指針より十分に低いレベルであることを明らかにしました。NICTは、2019年度から我が国で初めてとなる電波ばく露レベルの大規模・長期測定を実施しており、電界プローブによる定点測定、携帯型測定器を個人が持つことによる測定、電測車(測定器を搭載した自動車)による広域測定等を組み合わせて、生活環境における電波ばく露レベルのデータを取得しています。

    続きを読む
    プレスリリース

    自動並列化深層学習ミドルウェアRaNNCがPyTorch Annual Hackathon 2021において First Place(第1位)を受賞

    2021年12月6日

    国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT、理事長: 徳田 英幸)データ駆動知能システム研究センター(DIRECT)と国立大学法人東京大学(総長: 藤井 輝夫)情報基盤センターが共同で開発した自動並列化深層学習ミドルウェアRaNNC(ランク、Rapid Neural Network Connector)が、PyTorch Annual Hackathon 2021において、First Place(第1位、PyTorch Developer Tools & Libraries部門)を受賞しました。

    続きを読む
    プレスリリース

    令和3年度「生放送字幕番組普及促進助成金」の助成事業の交付先決定について

    2021年12月2日

    国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT、理事長: 徳田 英幸)は、令和3年度「生放送字幕番組普及促進助成金」助成事業の交付先を決定しましたので、下記のとおり、その結果をお知らせします。

    続きを読む
    お知らせ

    Beyond 5G研究開発促進事業プログラムディレクター(PD)決定のお知らせ

    2021年11月30日

    国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT、理事長: 徳田 英幸)は、Beyond 5G研究開発促進事業の更なる推進に向け、研究開発プログラムを統一的に指導及び監督するプログラムディレクター(PD)候補者を2021年10月11日から2021年11月1日まで公募しました。その結果、2名から応募があり、厳正な選考の結果、下記の者をPDに決定しましたので、お知らせします。

    続きを読む
    お知らせ

    NICTと研究協力、ドイツ人工知能センター(DFKI)のアンドレアス・デンゲル教授が旭日中綬章を受章

    2021年11月25日

    工場無線通信に重点を置いたIoT/AIの研究開発において当機構との間で研究協力覚書を締結しているドイツ人工知能センター(DFKI)のアンドレアス・デンゲル教授※が、令和3年秋の外国人叙勲において、旭日中綬章を受章いたしましたので、お知らせします。

    続きを読む
    お知らせ

    「Highly Cited Researcher 2021」に当機構研究者が選出されました

    2021年11月22日

    クラリベイト・アナリティクス社は、2021年度の「高被引用論文著者(Highly Cited Researchers)」リストを発表し、当機構研究者が選出されました。

    続きを読む
    イベント

    電波ばく露レベルモニタリングシンポジウム

    2021年11月19日

    本シンポジウムでは、本研究のこれまでの取り組みをご紹介し、パネル討論にて課題と期待される成果及び将来への展望について有識者の方々に議論していただきます。

    続きを読む

News Listニュース一覧

  • 新着情報
  • プレスリリース
  • お知らせ
  • イベント
  • 受賞

Pick UPサービス・アプリ